クラミジアとは

クラミジアとは

症状が出にくい病気

性病のなかでも最も感染者数が多いと言われるのがクラミジアです。日本にはおよそ100万人のクラミジア感染者がいると言われ、10~20代の若い世代を中心に広がっています。男性・女性とも自覚症状があまりなく、感染していることに気づかないままパートナーをも感染させてしまうことが多いです。

クラミジアは性行為で感染する病気です。性行為とはセックスのことだけでなく、アナルセックス、フェラチオ、クンニリングスなどあらゆる行為を含みます。感染者の精液や膣の分泌液、粘膜同士の接触によって感染し、性器に感染したものを性器クラミジア感染症、咽頭に感染したものを咽頭クラミジア感染症といいます。自覚症状の出にくいクラミジアですが、感染するとほかの病気への感染率も高くなり、エイズウイルスへ感染する危険が3~5倍も高くなる怖い病気です。女性の場合、不妊症にもつながることのある病気ですので、早めの治療が大切です。

クラミジアの症状

男性の場合

男性おもに尿道に感染します。尿道炎や副睾丸炎といった症状が表れ、尿道のかゆみや軽い排尿痛から、膿、精巣上体の腫れ、痛み、発熱を伴うこともあります。ただ、これらの症状がまったく出ないこともあり、本人の気づかないうちに進行し、前立腺炎や血精液症になることもあります。

女性の場合

女性が感染するのは子宮の入口の子宮頸管です。子宮頚管炎を起こし、腹腔内まで侵入すると骨盤の内部でさまざまな症状を引き起こします。おもな症状におりものの増加、下腹部痛、性交痛、不正出血などがありますが、半数以上の女性がクラミジアに感染してもまったく自覚症状がないとも言います。放置しておくと卵管炎にもつながり、不妊症や肝周囲炎にまでなってしまうこともあります。

のどに感染する場合

男女どちらも感染する危険性があるのが咽頭クラミジア感染症です。クラミジアは性器から性器だけでなく、性器から口へ、その逆の口から性器へも感染する病原菌です。咽頭クラミジア感染症にかかると、のどの腫れや痛み、発熱、咽頭炎、扁桃腺炎などの症状が見られる場合もありますが、まったく症状が出ないこともあります。性器クラミジア感染症とは別物なので、咽頭だけクラミジアに感染するというケースもあります。

クラミジアの予防

クラミジアを予防するにはコンドームで粘膜同士が触れないようにすることです。通常のセックスはもちろん、オーラルセックスやアナルセックスを行う場合もコンドームを装着しましょう。