クラミジアとトリコモナスの違い

クラミジアとトリコモナス

女性に多い病気

女性の性感染症で多いのがクラミジアとトリコモナスです。どちらも自覚症状が出にくく、出たとしてもおりものの量やにおいに変化がある程度なのでなかなかそれと気づきにくいのですが、放置しておくと症状はどんどん悪化します。クラミジアとトリコモナスはまったく別物ですので、治療法も異なることに注意が必要です。

クラミジアの症状

男女ともに性感染症でも最も多いのがクラミジア感染症です。これは、クラミジア・トラコマティスという細菌によって発症します。潜伏期間が1~3週間、初期にはほとんど自覚症状が出ないため、気づかぬうちにパートナー間で感染を広げることの多い性感染症です。

クラミジアの症状は、男性では尿道の違和感、かゆみや痛み、膿などがあり、尿道炎や精巣上体炎を引き起こすこともあります。女性ではおりものの量の増加、においの変化などに始まり、進行すると子宮頚管炎、卵管炎、卵巣炎、子宮内膜炎など炎症が広がり、流産や不妊の原因になってしまいます。ただ、男女ともほとんど症状が出ないという人も多く、そのため知らぬ間に感染が拡大し、日本では100万人以上がクラミジアに感染していると言うほどです。性行為によって感染するので、最大の予防策は性行為をしないことですが、コンドームの正しい装着によってもかなりの確率で予防できます。治療には抗生物質を用い、確認検査を含めて3週間ほどで完治することの多い病気です。

トリコモナスについて

特徴と症状

一方のトリコモナスは、トリコモナス原虫の寄生によって起こる炎症で、女性に多く見られます。トリコモナスも性行為によって感染する病気ですが、まれに温泉やプール、感染者とのタオルの共用などによっても感染することがあります。潜伏期間が1~3週間で、おりものの量が増えたり、悪臭がしたり、デリケートゾーンが腫れてかゆくなったりといった症状があります。こちらも進行するとほかの病気を併発し、尿道炎や膀胱炎とも深く関係のある病気です。ただ、クラミジアと同じくほとんど症状が出ないこともあるので、気づかぬうちにパートナーを感染させてしまうということも少なくありません。治療は抗原虫剤の内服薬や膣座薬を用います。

男性は感染しにくい

トリコモナスは男性にも感染しますが、尿と一緒に体外に排出されることが多いので、女性より感染しにくいのが特徴です。症状が出ることもほとんどなく、出た場合はクラミジアとほとんど同じ症状です。それに対して、女性では5~10%が感染者と言われるほど、女性に感染しやすい病気です。