クラミジアの予防対策

性行為の際の予防対策

コンドームの正しい使用

クラミジアは日本人に最も多い性感染症です。自覚症状が出にくい病気ですが、放置するとHIVへの感染や不妊症などにつながる恐れもあります。また、知らないうちに他人に感染させてしまうこともよくある病気ですので、日ごろから予防対策を心がけた生活を送りましょう。

クラミジアは性行為によって感染する病気ですので、最大の予防対策は性行為を行わないことです。しかし、パートナーがいる方の場合、完全に性行為をやめるというのはとても現実的な対処法とは言えません。性行為を行いながらもクラミジアを予防するには、コンドームの使用が最も手軽で確実な方法です。クラミジアは、性器が分泌物や粘膜に直接触れることによって感染します。そのため、正しくコンドームを装着して性行為を行えば、高い確率で自分もパートナーもクラミジアの感染から守ることができるのです。

コンドームはセックス以外の性行為にも

ただし、注意しなければならないのは、ここで言う性行為とはペニスを膣に挿入するセックスだけを指すのではないということです。キス、オーラルセックス、アナルセックスでも感染の危険性はあります。クラミジアは、性器から性器へはもちろん、性器から口、口から性器、口から口へ感染することもある病気ですので、膣への挿入以外の行為でもコンドームを装着することが感染予防には大切です。最近では通常のコンドームだけでなく、オーラルセックス用や女性用コンドームもあるので、それらを使用することが推奨されます。

その他の注意点

それ以外の注意点は、女性の生理中には性行為を行わない、性行為の前にお互いに相手の性器を見てイボや発疹がないことを確認する、相手の性器を傷つけないよう爪をこまめに切る、寝具を清潔に保つ、歯ブラシ・タオル・かみそりなどを共用しないなどです。

感染予防には定期的な検査を

クラミジアを予防するには性行為の際の対策も大切ですが、その前にまず自分が現在感染していないかを検査で確認することが重要です。性行為の機会が多い人ほど感染している可能性は高いですので、自分でも知らないうちにクラミジアに感染して、それをまた別の相手に感染させるということも起こり得ます。最大のポイントは不特定多数の相手と性行為をしないことです。性行為は一人の相手とだけ行うのが基本であり、パートナーが変わったときは二人で一緒に検査を受けるぐらいの慎重さを持っておきたいものです。

1件のコメント

コメントは停止中です。