クラミジアの治し方

クラミジアの特徴

治療は簡単

性感染症で最も多いクラミジアは、初期の症状はごく軽度で治療の難しくない病気です。そのため軽視されることが多いのですが、放置してよいわけではありません。ここではクラミジアに感染したときの治し方や心構えについて見ていきます。

以前は今ほどクラミジアは注目されていませんでした。30年ほど前までは梅毒や淋病といった重い症状の性病が多かったため、症状の軽いクラミジアは原因不明や軽度の尿道炎として処理されていたのです。しかし、クラミジアを放置していると、体内で炎症が進んで重症になることもあります。早期に発見して抗生物質を投与すれば短期間で完治するので、クラミジアの治し方としては違和感を感じたら早めに病院を受診することです。

自覚症状の出にくい病気

クラミジアは自覚症状の出にくい性感染症で、感染者の多くが自分が感染していることを意識していないぐらいです。実際、男性の約半数、女性の約8割は特に目立った症状が出ないため、知らないうちに進行してしまうことがあります。表れる症状は、男性なら尿道炎、女性なら子宮頚管炎が主で、この段階なら1~2週間の治療で完治します。ただ、特に症状が出ないまま進行してしまうこともあるので、気づいたときには前立腺炎、精巣上体炎、子宮内膜炎、卵管炎、卵巣炎、腹膜炎など重い炎症が起こっていることもある怖い病気です。さらに放置すると子どもの作れない体になってしまうこともあるので、やはり早めに病院を受診することが何よりの特効薬になります。

クラミジアに感染したら

自然治癒は期待しない方がよい

クラミジアは自然治癒することがあると言われることがあります。日本には100万人以上のクラミジア感染者がいると言われていますが、全員が病院で治療しているわけではありませんし、治療を受けない人が全員重症になっているわけでもありません。ですので、実際に自然治癒する可能性もないとは言えないでしょう。しかし、クラミジアについてはまだわからないことがたくさんあります。自然治癒することはないと主張する研究者もいるぐらいですから、楽観視してよい病気だとは言えません。

自分だけの問題ではない

クラミジアは自分だけでなくパートナーを感染させてしまう病気です。特に症状を感じないからといって放置していると、性行為を持つ相手を危険に晒してしまうのです。ですので、自然治癒を期待するのではなく、早い段階でできればパートナーと一緒に病院を受診して完全に治療することを推奨します。