クラミジアの特効薬は?

クラミジアの治療薬

特効薬は抗生物質

クラミジアは軽度であればわりと簡単に治療できる性感染症です。症状によって個人差はありますが、抗生物質を投与すれば1週間以内に完治します。クラミジアの治療に用いられる抗生物質には、テトラサイクリン系、マクロライド系、ニューキロノン系の3種類があり、なかでもマクロライド系のジスロマックという薬は、1回の服用で90%が完治するほどの特効薬です。

ジスロマックとは

マクロライド系の抗生物質

ジスロマックとは、アジスロマイシン水和物を主成分とする抗生物質で、クラミジアをはじめ淋病などさまざまな性感染症の治療に用いられています。クラミジアの治療には同じマクロライド系のクラリス(クラリシッド)も用いられますが、ジスロマックの方が吸収率が良いので短期間の服用で済むというメリットがあります。また、性感染症だけでなくさまざまな細菌感染症の治療薬としても有効性が確認されている薬です。

高い治療効果

ジスロマックを1回服用するだけで、クラミジアは約90%の確率で完治するとされています。体内に留まって作用を及ぼす期間がほかの抗生物質よりも長いため、1回服用すればその効果は1週間ほど続きます。ほかの抗生物質には1日に複数回服用しなければならないものもあるので、その点でもジスロマックをクラミジアの特効薬と考えられる理由があるのです。

飲み忘れの心配がない

ジスロマックの最大のメリットは、一度服用すればそれで終わりという手軽さです。ほかの抗生物質では、先述した通り、毎日服用したり1日に複数回服用したりする必要がありますが、抗生物質は一度飲み忘れがあるだけで、病原菌が耐性を持ってしまって薬が効かなくなってしまうことがあります。それを考えると、1回服用するだけでよいジスロックは飲み忘れの心配がなく、病原菌を確実に死滅させることのできる特効薬といってよいでしょう。

医師の処方に従って服用する

ジスロマックの優れている点は、ほかの抗生物質と比べてもアレルギーなど副作用が少ないところです。ただし、医師の処方に基づいて服用するべき医薬品ですから、正しい方法で服用することが求められます。ですから、病院で診察を受けて薬を処方してもらうより、通販を利用して購入した方がはるかに安いのは確かですが、どんな危険が潜んでいるかわからないので、ジスロマックは医師の処方に基づいて正しく服用するようにしましょう。