クラミジア治療のニューキノロン系薬

ニューキロノン系の薬の特徴

クラミジアの治療に用いられる抗生物質

クラミジアに感染したときは、おもに抗生物質の服用で治療します。抗生物質でクラミジアが治療できる確率は非常に高く、多くの人が1~2週間ほどで完治するとされています。ここでは、クラミジアの治療に用いられる抗生物質の一つ、ニューキノロン系の薬について見てみましょう。

抗生物質がクラミジアに高い効果があることは確かですが、どんな種類の抗生物質でもよいわけではありません。患者の症状に適切な種類の抗生物質を服用したときのみ、治療効果が表れます。クラミジアの治療では、マクロライド系、テトラサイクリン系、ニューキロノン系の3種類の抗生物質のなかから、患者に最も適したものを処方するのが一般的です。ペニシリン系やセフェム系の抗生物質では、クラミジアの治療には効果がありません。

ニューキロノン系の効果

クラミジアの治療薬としてクラビットという薬が有名ですが、これはニューキロノン系の抗生物質です。ニューキロノン系の抗生物質の特徴に、「いろんな細菌に有効」「難治性の感染症に高い効果がある」「副作用が比較的少ない」といったことが挙げられます。

以前ほどの効果は期待できない

ただ、クラビットは現在ではクラミジアにあまり効果が期待できなくなりました。というのも、病原菌が耐性を持ってしまったので、かつて通用していた量では治療効果が得られにくくなってしまったからです。以前は1日300mgが常用量とされてきましたが、今は1日500mgの服用がスタンダードになっています。しかし、過剰投与や長期間の使用によってまた効かなくなってしまうことも考えられます。

クラビットを改良したグレースビット

今ではそのクラビットを改良したグレースビットという薬も出ています。これまでのニューキロノン系の薬に対し耐性を持った菌に対しても効果があるとされており、クラビットより少量で高い効果が期待できます。ただし、下痢や軟便などの副作用が発生する頻度はクラビットより高いと言われており、それに、こちらも乱用や過剰投与、長期間の使用で効かなくなる可能性はありますから、むやみに使えばよいというわけではありません。

現在のクラミジア治療の主流

現在、クラミジアの治療によく使われるのは、マクロライド系のジスロマックという薬です。一度の服用で約9割の感染が完治すると言われており、胎児に影響を与えないので妊婦も使用できるということで、日本でも海外でもよく用いられています。