クラミジア治療法

クラミジアの治療概要

感染箇所によって異なる薬剤

クラミジアは放置していても自然に治ることのない病気です。必ず医療機関で治療を受けてください。ここではクラミジアの治療方法と治療に用いられる薬剤について見ていきます。

クラミジアの治療は、体内に侵入したクラミジア・トラコマティスという病原菌を死滅させることを目的に行います。治療はおもに薬剤で行われ、咽頭や性器に感染している場合は抗菌作用のある抗生剤、目に感染している場合は軟膏や目薬、感染が進行して子宮付属器炎を起こしている場合は点滴が用いられます。

薬剤の作用の仕方

クラミジアは咽頭や性器に感染することが多いため、ここでは抗生剤の服用によってそれがどう作用するのかを見てみましょう。まず、服用した抗生剤が腸に達すると、そこから抗生物質が血管内に入り血液に乗って全身を巡ります。その期間は約1~2週間で、その間にクラミジアに感染している細胞に抗生物質が作用します。すると、病原菌であるクラミジア・トラコマティスが死滅し、それと同時に感染箇所に表れていた症状も治まるのです。抗生剤を一度服用すれば90%の確率で治療できるとされていますが、病原菌が体内に残っている可能性もあるので必ず検査を受けて確認しましょう。その検査の時期は、抗生剤を服用してから約3~4週間後です。検査で陰性と判明するまでは病原菌が残っている危険性があるので、それまでは油断せず、性行為も控えてください。

クラミジアの治療に用いられる薬剤

クラビットはもはや効かない

以前は、クラミジアや淋病の治療に、クラビット、ミノマイシン、シプロキサンといった薬剤が用いられていましたが、現在ではどちらの病気にも効果的ではないことがわかっています。これらの薬剤で治療効果を得るには、長期間服用するか大量投与するかになるので、現在では多くの医療機関が処方を控えています。

現在処方される抗生物質

現在ではおもに「テトラサイクリン系」「マクロライド系」「ニューキノロン系」のいずれかの抗生物質を用いて治療します。症状や感染箇所によって処方される薬の系統が違います。マクロライド系のジスロマックという抗生剤は、体への負担が小さく一度の服用で約10日間効果が持続するため、薬を飲み忘れて病原菌が体内に残ったままということを防ぐのに有効です。